柊・疼木(ヒイラギ)

モクセイ科モクセイ属 常緑小高木、雌雄異株。花期は10~11月。
クリスマスの飾りに使うのは西洋ヒイラギ、冬に赤く実がつくが、こちらの実は黒紫色で5~6月になる
花は小さな白色

表鬼門に柊(ヒイラギ)、裏鬼門に南天(ナンテン)を植えると良いとされる魔除けの木  11月23日撮影

morikita

www.morikita.comの主宰を務める ハンドルネームはドメイン名と同じmorikita 何故morikitaなのか?こたえ: 子供の頃から森北町に住んでいるからです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。